ロータリーエンジンの特徴について

エンジン(内燃機関)は、シリンダー内で圧縮した燃料混合気を爆発させることで得られるピストンの往復運動を回転力に変えるレシプロ式と、少し膨らんだおむすびのような形をしたローターを楕円形を二つ並べたような窪みを持つローターハウジングを組み合わせて、燃料混合気の吸気-圧縮-点火・爆発-排気の行程を行うロータリー式の二つに分けることができます。ロータリーエンジンの最大の特徴は、燃料の爆発によってローターが回転する力がそのままダイレクトに駆動シャフトの回転力として用いられることであり、エネルギーロスの少ない非常に効率的なエンジンであることです。
レシプロ式はピストンの往復運動を回転力に変えなければならないために、どうしてもエネルギーのロスが存在してしまいます。
次世代のエコ燃料である水素燃料のエンジンとしてもロータリー式が検討されているのはこのためです。さらにその特徴について言うならば、エンジン本体が非常に小型で軽量にまとまるということがあります。
これはスポーツカーにとっては極めて重要な要素であり、また環境性能を考えた場合でも非常に大きなメリットと言えるでしょう。
しかしながら一方で、燃費の悪さが欠点として指摘されます。
これはエンジンの構造上一定の限界があると考えられるでしょう。

Comments are closed.