レシプロエンジンとは

レシプロエンジンとは、ピストンエンジン、ピストン機関等とも呼ばれる、ピストンの往復運動を利用した内燃機関です。
乗用車の中で一番多く採用されているエンジンで、エンジン内部の円筒状のシリンダー内で燃料が燃焼する事によるエネルギーをピストンが受け止めて上下に動き、その上下の運動を回転運動に変えるコネクティングロッドとクランクシャフトを介して、回転力として駆動に伝える仕組みです。
燃料によりガソリンエンジンとディーゼルエンジンに分けられ、さらにガソリンエンジンではエンジンが動く行程を、吸入(ピストンが下がり混合気(燃料を含んだ空気)をシリンダ内に吸い込む工程)・圧縮(ピストンが上死点まで上がり混合気を圧縮する工程)・膨張(着火された混合気の爆発によりピストンが下死点まで押し下げられる工程)・排気慣性によりピストンが上がり燃焼ガスをシリンダ外に押し出す工程)の4つで行い、ピストンが2回転する間に行う4ストローク型と、1回転する間に行う2ストローク型に分類されます。
現在の自動車の多くは4ストローク型を採用し、バイクの場合には2ストローク型のものも存在します。
さらに、ピストンの配置によって、V型エンジン、直列型エンジン、水平対向型エンジンに分けられます。

Comments are closed.