燃料の違い

内燃機関はシリンダー内部に霧状にした燃料を空気とともに吸い込み、圧縮、点火・爆発させ駆動力を得るものです。
通常は揮発性が高く強い爆発力を得られるガソリンを用います。
一般的なガソリンはレギュラーガソリンと呼ばれます。
そしてより一層の爆発力を得るためにオクタン価を高めたガソリンをハイオクと呼びます。
レギュラーガソリン車にハイオクガソリンを給油しても、問題はありませんが、あまりお勧めはできません。
ガソリンは点火プラグと呼ばれる火花を飛ばす装置によって着火・爆発します。
一方でより安価な軽油を用いたエンジンもあります。
これをディーゼルエンジンと呼びます。
軽油は一定気圧まで圧縮することによって爆発しますので、ディーゼルエンジンにはガソリンエンジンのような点火プラグはありません。
ディーゼルエンジンは経済的であることが最大のメリットですが、長い間その排ガス対策が問題視されていました。
しかし最近では、技術の進歩により従来のディーゼルエンジンよりも圧倒的に圧縮比の低いエンジンが開発され、環境清野が著しく進歩したエンジンが登場しました。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンはその機構が全く違いますので、ガソリンと軽油の入れ違いだけは絶対に避けなければなりません。
ガソリンスタンドでの入れ違いには十分気を付ける必要があります。

Comments are closed.