吸気編

一般的な内燃機関としてのエンジンはどのような仕組みで動いているのでしょうか。
内燃機関を使っているもので、代表的なのは自動車。
ハイブリッドや電気自動車なども注目を集めていますが、まだまだ主流はガソリンや
軽油を燃料にした内燃機関が動力源です。
内燃機関の基本的な構造は、おおまかにはシリンダーとピストン、上下運動を回転
運動に変換するクランクで構成されます。
動力は、シリンダー内に燃料と空気の混合気を送り込み、爆発させることで得ることが
できます。
そのためシリンダーには新しい混合気の入り口、爆発後の燃えカスの出口が必要となり、
入口側を吸気、出口側を排気といいます。
シリンダーに送られた混合気は爆発後排気され、すぐに次の新しい混合気が送り込まれます。
吸排気のタイミングはピストンの位置と出入り口についたバルブの連動によって行われており、
効率よく吸排気と爆発がコントロールされています。
かつては、混合気はピストン位置によるシリンダー内の負圧によって吸い込む形でした。
現在は様々な燃料の供給方法があり、エンジンに求められる性能やコストなどによって
使い分けられていますが、燃料の消費量をコントロールしやすいインジェクションタイプが
多く用いられてきています。

Comments are closed.