エンジン周りの豆知識

エンジンは、燃料を空気と混合し気化させてシリンダー内で燃焼爆発させてピストンを動かし動力を生む装置ですがエンジン単体では、機能することはできません。
エンジン周りの多くの部品や機構が、システマティックに連動して初めて機能します。
エンジンそのものの主な構成は、シリンダーブロック、シリンダーヘッド、シリンダー、ピストン、バルブ、カムシャフトなどで構成されそこに燃料を送るために、スロットルボディー(キャブレター)、燃料噴射装置、フエールポンプ、フィルター、フェールタンクとつながっています。
また、潤滑装置としてエンジンオイルを循環させるオイルフィルター、オイルポンプ、オイルパンが装備されており、冷却装置としては、ラジエーター、クーリングファン、ウォーターポンプ、サーモスタット、そしてその中を流れる冷却液があります。
吸排気を行うためにエアクリーナー、インテークマニホールド、エキゾーストマニホールド、マフラー、車種によってはターボ装置が備わり、エンジンを始動させ適切な点火を行うためにバッテリー、スターター、オルタネータ、イグニッションコイル、スパークプラグ、ディストリビュータ、ECU、各種センサーの電装部品が取り付けられています。
これらの部品、装備がなければエンジンとしての機能ははたせません。

Comments are closed.