自動車のエンジンが動く仕組みについて

四つの段階を経て、自動車のエンジンは動いています。
仕組みとしては、それほど複雑なものではありません。
まずは、気体になったガソリンと空気を吸気バルブを通じてシリンダー内部に入ります。
そして吸気バルブを閉じて、シリンダー内を密閉状態にしガソリンと空気を混ぜて混合ガスにします。
このままでは、混合ガスが出来ただけなので何も起こりません。
エンジン内に点火プラグがあるので、これを使います。
点火プラグから電気の火花が発生し、混合ガスに引火し爆発します。
この爆発を利用して、車は動きます。
このままでは排気ガスがシリンダー内にたまったままになるので、排気バルブを開き排気ガスを外へ出します。
この一連の動作を繰り返すことにより、車は動いています。
吸気をし圧縮し、爆発して排気する。
たった四つの段階を理解するだけで、仕組みを説明することは可能です。
もちろん、これはガソリンを使った内燃機関だった場合です。
電気を利用するものならば、モータを動かすための方法に変わります。
ハイブリッドシステムならば、それぞれのシステムを上手く活用している方法です。
理屈としては、子供にも説明しやすいものです。
日常生活で車を見かけたら、一度考えてみるとよいです。

Comments are closed.