爆発編

エンジンは、燃料を燃焼させることによって生まれるガスの圧力を動力として取り出すことの出来る機関のことを総称したものです。
蒸気機関などのように外側からの熱で内部に蒸気を発生させ、その圧力を利用するものを外燃機関といい、これに対して前述の燃料を内側で燃焼させるものを内燃機関といいます。
一般的に自動車に使われるのはガソリンや軽油を燃料にした内燃機関で燃料を空気と混合させ、内部で激しく燃焼させることでピストンを往復運動させそれを、クランクシャフトによって回転運動に変換されます。
自動車に使われるエンジンは、ほとんどがレシプロエンジンといわれるものでこれ以外にも一部のメーカーで使われているロータリーエンジンと呼ばれるものもあります。
また、燃料の違いによってガソリンエンジン、軽油を使った物をディーゼルエンジン、LPガスを使ったLPガスエンジンがあります。
レシプロエンジンに関しては様々な構造が存在しシリンダーの数や配列によって種類分けされています。このようなエンジンは基本的には、燃料の違いや構造の違いにかかわらず混合ガスを吸気、それをシリンダー内で圧縮、そのうえで着火爆発、燃焼後のガスを排気、の4つの過程を高速に繰り返すことによって動力をえています。

Comments are closed.